2010年04月10日

一応台湾旅行ガイド

自転車と関係なく旅行ガイド的話も一応。

近くに海外旅行ということであれば、自転車抜きでも僕は台湾かなりおすすめできると思います。

台北だけで言えば、香港とシンガポールを足して2で割って、上海あたりと掛け合わした感じでしょうか。
意味わかんないですね。


台北のいいところは

・近い。成田から行き3時間半、帰り3時間で行ける。

・物価安い。ホテルやタクシーは上海より安いのではないか。香港やシンガポールに比べるとかなり安い。

・食べるものが楽しめる。大都市なので、良いレストランもあるし(香港より全然安い)ビール大瓶50元(150円!)のレストランもありました。
安いので、香港ではお勘定が怖い石班魚やイセエビも手が出せます。
個人的には値段と質ではアジアNo.1です。

日本語、英語メニューはないこともあるので、できれば料理の名前は覚えて行ったほうがいいかもしれません。


屋台もただ同然の値段でおいしくて楽しい。料理も麺粥もスイーツもいける。

屋台スイーツでは豆花、豆乳花が気に入りました。低脂肪だし。自転車で走って補給に良さそう。
もっと暑ければフルーツいりかき氷も良さそう。こっちも補給に良さそうです。
全体的にそれほど甘くないので、甘いものが好きというわけでもない僕もはまりましたねぇ。


あと、親切な人が多いように感じました。
自転車屋さんの人はもちろん親切ですが、バスや電車にお年寄りが乗ってくると何人も一斉に席を譲ろうとするのは凄いです。

こういうところは大陸とは全然違うように感じました。

お年寄りが日本語話せるというのは本当で、相当上手です。
レストランで話した日本海軍の技術者だったというおじいさんは本当に日本語上手でした。でも日本語通じるのはお年寄りだけですよ。
ホテルの人は上手でしたが、お店の人は基本無理です。

ちなみに英語はそれほどは通じません。東京レベルでしょうか。
レストランにはだれか話せる人が居るけどタクシーは基本通じないと思ったほうがいいでしょう。
筆談も結構難しいです、繁体字は分からない字多いです。


香港ほど怪しくなく、シンガポールの管理された人口都市感もなく、ソウルや上海よりも人が良く、物価安くて料理がなかなかという台北はかなり気に入りました。


また、台北から新幹線で1時間ほどでいける台中という街は、本当の自転車工業の中心地らしく(GIANTの本社も台中とか)、自転車買出しには台北よりいいという噂もあるのでどなたかレポートをお願いします。

台湾の新幹線もこれまた激安で、この台中まで1500円位で行けるらしいので鉄道好きの人にもいいかもしれません。




posted by ケンタウロス at 21:00| Comment(0) | 台湾自転車購入記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。