2010年04月14日

台湾自転車買出し術のまとめ

とりあえずのまとめとして、こうしたら良かったんじゃないかという僕の反省を含め、台湾旅行に行ったついでに台北で自転車を買って持って帰ってくるまでの流れを一つの例として書いてみます。

色々とめんどくさくはありますが、仕様の差を考慮しても日本より3割以上安く買えたと思うので苦労の元は取ったような気がしています。

部品や用品ならそんなにめんどくさくないと思うのでそっちの線狙いもアリかも。

台湾に自転車の買出しに行かれるなら、内容は保証できませんがこんな感じで行くのがいいと思います。よろしければ参考にしてください。

【事前の準備】

1.買うものをいくつか考える。台湾でお買い得なのは、やはり、Made in TAIWANのものだろう。GIANTやMERIDAやスペシャライズド(MERIDAの子会社)といった台湾ブランドだけではなく、ピナレロやコルナゴなど含め多くのブランドの多くの車種が結局Made in TAIWANなので、お店を探せば台湾ブランドに限らず完成車やフレームなどいい買い物ができるのではないだろうか。
しかし、シマノパーツは日本の方が安そうだった。

2.ほしい物を売っていそうな店を探す。お店を探す時はこのサイトも多少役立つのではないかと思いますし、そのメーカーのグローバルWebサイトにあるディーラーロケーターで探す手もあります。台湾の自転車屋さんにはWebサイトがないお店が多いようなのでグーグル先生も力不足。Webサイトがあっても当然中国語でちょっと不便です。

3.お店にメールを送り、取り扱いや在庫や価格、定休日、営業時間を問い合わせる。中国語がムリなら英語でもいい。極力簡単な英語で書くのがいいと思う(つたない英語例文あり)
台湾の習慣なのか、返信メールに、どこのお店からとか書いていない返信が多かったのでどのメールがどのお店からか分からなくなってしまったので、どのメアドが、どのお店か分かるようにしておいたほうが良さそう。
パーツやウエアを買うつもりなら、戻し税に対応しているかも確認しておいたほうがいいでしょう。
本当に来るか分からないツーリストのためにわざわざメーカーに発注してくれるショップも少ないだろうから、お店にある物を買う、在庫がある店で買う、というのが基本になるのではないでしょうか。そう考えると、あまり早く問い合わせても、行ったら売れてたということもありうるので、行く2週間前くらいの早すぎないタイミングでメールを送ったほうがいいかもしれません。

4.目当てのお店の住所をGoogle mapsに突っ込んで、場所を確認する。そしてこれを現地に持っていく用に印刷しておく。Googleストリートビューで店の外観も見ておくと間違いがないかも。定休日も考えていつ行くかをなんとなく考えておく。

5.アメックスやダイナースは使えない店が多いので、クレジットカードを使うならビサかマスターを用意しておくと良さそう。


【現地で】

1.公共交通機関なりタクシーで、お店に行く。印刷したgoogle mapを見せれば着くと思う。台北は色んなところで結構渋滞するようなのでタクシーが速いかというとそうでもない。

2.店で見たり聞いたり触ったりする。もしよければ「お店での英語例文」を使ってください。ただし、ショップの人がみんな英語使えるかというとそういうわけでもないのでその時は筆談覚悟で。

3.台湾は値切るのが普通らしいので、完成車や、部品用品をまとめて買うなら値切りOKではないかと思います。

4.完成車を買うなら、なにも言わないと右レバーが後ろブレーキになる。いやなら逆に組んでもらうようにお願いしておこう。

5.機内持ち込み可能な部品用品は購入時に戻し税の申請書類をもらっておく(戻し税に対応していない店もあります)。

6.梱包は、メーカーから送られてきた箱にまた詰めてもらえばいい。その箱は自転車屋さんに頼んでホテルに配達してもらってもいいし、タクシーのリヤシートに積むこともできる。その場合助手席にひとりしか乗れませんが。

7.ホテルから空港へ運ぶには、空港行きシャトルバスの荷物室に完成車の箱でも余裕で入れられる。もしくはミニバンのタクシーを呼んでもらうと良さそう。


【空港で】

1.荷物のオーバーチャージを取られるのを避けるには、重いものを機内持ち込みに回して(でも、液体は持ち込めませんよ)、チェックイン時に預ける荷物を自転車の箱(自転車の重さプラス5kgくらいになる)とその他の荷物合わせて重量20kg以内にしておいたほうがセフティ。重量に余裕のある同行者がいれば、頼んで少し引き受けてもらってもいい。それでも運が悪いと取られるかも。

2.チェックインのときに箱にFragile(壊れ物)シールを自転車の箱に沢山貼ってもらうと少し安心できる。

3.出国後戻し税できる買い物があれば、戻し税の手続きをする。5%戻ってくるからおいしい。



まとめるとこんな感じでしょうか?

もし、台湾の自転車屋事情にお詳しい方や、台湾で購入した方がいらっしゃれば、感想や、情報を教えていただければ大変うれしく思います。更に、もしお許しをいただければこちらで紹介をさせていただければと思っております。

postmaster"あっと"toscana.sakura.ne.jp
宛てにぜひメールをください("あっと"を@に変えてください)。なにとぞよろしくお願いいたします。
posted by ケンタウロス at 22:00| Comment(0) | 台湾自転車購入記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。